News新着情報

すべて

2021.03.30プレスリリース

地球にやさしい「森のタンブラー」 地域と連携した取り組み
熊本市のプラスチックごみ削減を目指して 限定デザインの「森のタンブラー」が登場
熊本市を拠点とする4つの団体とともに4月から“使い捨て”しない飲料容器を提案
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)はエコカップ「森のタンブラー」を活用し、地域と連携した環境負荷低減の取り組みに力を入れています。4月1日(木)から、熊本市内で開催されるスポーツの試合会場やイベント会場で「森のタンブラー」が採用されます。使い捨てプラスチックカップの代わりに“使い捨て”しない飲料容器を提案することで、熊本市のプラスチックごみ削減を目指します。
詳細はこちら

2021.03.10プレスリリース

食べられるコップ「もぐカップ」本格展開
オンラインショップで3月10日(水)から販売開始
利用者からの声に応えて 新フレーバー<ナッツ>を開発
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、株式会社 丸繁製菓と共同開発した食べられるコップ「もぐカップ」における取り組みの一環として、オンラインショップで3月10日から販売を開始します。オンラインショップでの販売に合わせて、新フレーバー<ナッツ>を開発し、既存のフレーバーと合わせて同日から展開します。使い捨てプラスチック問題に関心が集まる中、「もぐカップ」を広く手に取っていただけるようオンラインショップを開設することで、“使い捨て容器”から“使い食べ容器”という新しい食のライフスタイルの浸透を目指します。
詳細はこちら

2021.03.08プレスリリース

アサヒビールとパナソニックの共同開発
地球にやさしいエコカップ「森のタンブラー」をリニューアル
植物繊維の使用比率を引き上げて、環境負荷のさらなる低減を実現
 アサヒビール株式会社(本社:東京都、社長:塩澤賢一)とパナソニック株式会社は、飲料容器「森のタンブラー」をリニューアルします。使用している材料の植物繊維(セルロースファイバー)の使用比率を55%から70%まで引き上げ、「森のタンブラー」1個あたりのプラスチック使用量を従来より33%削減し、さらなる環境負荷の低減を実現します。
詳細はこちら

2020.11.09プレスリリース

地球に優しい「森のタンブラー」が
令和2年度「循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰」受賞
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)がパナソニック株式会社と共同開発したエコカップ「森のタンブラー」は、環境省が主催する令和2年度「循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰」を受賞しました。また、株式会社オルタナが主催する「サステナブル・セレクション」において二ツ星を獲得しました。
詳細はこちら

2020.10.19プレスリリース

地球にやさしい『森のタンブラー』
新たな取り組み
10月24日(土)・25日(日)愛知県豊田市の間伐材を使用したご当地タンブラー販売
11月から米国大使館が小中高校生に向けてノベルティとして配布
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、エコカップ「森のタンブラー」の取り組みに力を入れています。10月24日(土)・25日(日)には、愛知県豊田市の「Toyota Street Market」にて、豊田市の間伐材を原材料にしたご当地オリジナルの「森のタンブラー」を販売します。11月からは米国大使館が小中高校生に向けて「森のタンブラー」をイベントのノベルティとして配布します。
詳細はこちら

2020.09.06プレスリリース

地球にやさしい『森のタンブラー』
新たな産学連携の取り組み
9月14日(月)から天王洲の飲食店でサブスクリプションサービスをテスト展開
9月27日(日)から麻布大学の学生とSC相模原の試合で販売
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、パナソニック株式会社と共同開発した世界初※のエコカップ『森のタンブラー』の飲食店でのサブスクリプションサービスのテスト展開や、SC相模原の試合での販売を実施します。使い捨てプラスチックカップ削減を促進し、持続可能な社会の実現に向けての取り組みを加速させます。
詳細はこちら

2020.06.29プレスリリース

アサヒビールとパナソニック「森のタンブラー」を活用し、飲料容器のリユース文化醸成による持続可能な社会の実現に向けた業務提携を締結
アサヒビール株式会社(本社:東京都、社長:塩澤賢一)とパナソニック株式会社は、有機資源を高濃度に活用した飲料容器「森のタンブラー」を活用し、生活者の消費行動におけるCO2排出量およびプラスチック廃棄物の削減を推進し、飲料容器をリユースする文化を醸成することを共通の目的とした業務提携契約を締結しました。これまでの共同開発から業務提携とすることで、両社の強みを活かし消費者啓蒙、活用先拡大、ブランディングなどの“コト作り”に共同で取り組み、「森のタンブラー」の事業化に向けた活動を強化していきます。
詳細はこちら

2020.04.13プレスリリース

有機資源から生まれた『森のタンブラー』
「アースデイ東京2020」でオンライン乾杯しよう!
~『森のタンブラー』片手に地球のことを語ろう。“オンライン飲み会”を開催~
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、パナソニック株式会社と共同開発した世界初※1のエコカップ『森のタンブラー』を「アースデイ東京2020」オリジナルデザインで、数量限定で通信販売するとともに、4月19日(日)15:15~15:45の時間帯、オンラインイベント『森タン ファンミーティング』を開催します。4月15日(水)までの注文で「アースデイ東京2020」開催初日までにお届けできる予定です。(一部離島は除く)。
詳細はこちら

2020.02.12プレスリリース

植物繊維から生まれた「森のタンブラー」が世界的デザイン賞「iFデザインアワード2020」を受賞!
~環境課題を解決する取り組みに加え、優れたデザインとしても高評価~
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)が、パナソニック株式会社と共同開発した世界初のエコカップ「森のタンブラー」が、世界的に権威あるデザイン賞「iFデザインアワード2020」を受賞しました。パナソニックとの共同受賞で、アサヒビールとして「iFデザインアワード」は初の受賞となります。
詳細はこちら

2019.11.15プレスリリース

植物繊維から生まれた世界初のエコカップ「森のタンブラー」「B-1グランプリ in 明石」で限定1,000個を展開
ご当地グルメと共に、リユースできるエコカップで美味しいビールを楽しもう!
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)がパナソニック株式会社と共同開発した「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した世界初のエコカップ「森のタンブラー」が、11月23日(土)・24日(日)に兵庫県明石市で開催される「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ in 明石」において1,000個展開されます。
詳細はこちら

2019.09.18プレスリリース

植物繊維から生まれた世界初のエコカップ
「森のタンブラー」で“脱・使い捨てプラスチック”!「つくばクラフトビアフェスト2019」で展開
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)がパナソニック株式会社と共同開発した「高濃度セルロースファイバー成形材料」※1を活用した世界初のエコカップ「森のタンブラー」が、10月4日(金)~6日(日)に茨城県つくば市で開催される「つくばクラフトビアフェスト2019」において、5,000個展開されます。
詳細はこちら

2019.07.09プレスリリース

アサヒビール(株)とパナソニック(株)が共同開発!!
世界初!「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した「森のタンブラー」展開開始!
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、パナソニック株式会社と「高濃度セルロースファイバー成形材料」※1を活用した、世界初※2のビール用カップ「森のタンブラー」を共同開発しました。屋外におけるイベントや店頭での持ち帰り用のビール類の提供を想定し、2019年8月9日(金)からテスト展開を始めます。
詳細はこちら